UC Tomorrow 潰瘍性大腸炎についてもっと話そう
ファイザー

治療を知る―治療に使われる薬

監修:インフュージョンクリニック 院長 伊藤 裕章 先生/看護師 阪上 佳誉子 氏

潰瘍性大腸炎の治療では、どんな薬が使われる?

― さまざまな薬から、症状の重さや病変の広がる範囲に合った薬を使用 1)2)

潰瘍性大腸炎の治療に用いられる薬には、さまざまな種類があります。診断後に開始される寛解導入療法では、症状の重さや病変の広がる範囲に合わせて、医師が治療法や使用する薬の種類を決定します。寛解後に再燃を防ぐために行う寛解維持療法では、主に5-アミノサリチル酸(5-ASA)という薬が用いられます。
ここでは、潰瘍性大腸炎の治療に使われる薬について紹介します。

5-ASA製剤1)3)4)

5-ASA製剤は、潰瘍性大腸炎の治療において基本となる薬です。有効成分の5-ASAが、大腸の炎症を抑えます。寛解導入療法では主に軽症~中等症の患者さんで用いられます。寛解維持療法でも多くの患者さんが使用しています。
5-ASA製剤には飲み薬のほか、肛門から薬を入れる局所製剤(坐剤、注腸剤)があります。

5-アミノサリチル酸(5-ASA)製剤・大腸の炎症を抑える・主に軽症~中等症での寛解導入療法・寛解維持療法でも広く使用

ステロイド1)

ステロイドは、病気の勢いが強い活動期の炎症を抑えるのに効果的で、寛解導入療法で使用されます。寛解維持療法で長期にわたり使用することは基本的にありません。
肛門から注入して病変部分に直接ステロイドを届ける局所製剤(注腸剤、坐剤、注腸フォーム剤)のほか、飲み薬、注射剤があります。局所製剤は、主に軽症~中等症の患者さんに用いられ、経口剤は中等症の場合に、注射剤はより重症で症状が強い場合に使用されます。

ステロイド・病気の勢いが強い活動期の炎症を抑える・寛解導入療法で使用・寛解維持療法では基本的に使用しない

免疫調節薬1)4)

免疫調節薬は、寛解導入療法でステロイドを使用していた患者さんが、ステロイドの減量や中止により再燃してしまった場合に用いられます。免疫調節薬は、ステロイドの減量・中止時に症状を抑えておくことができるほか、寛解の状態を維持するのにも有用です。また、後述の抗TNF-α抗体製剤の使用時に併用されます。免疫調節薬は、効果が現れるのに2~3ヵ月かかります。

免疫調節薬・症状を抑えながらステロイドの減量・中止を可能にする・寛解の維持にも有用・生物学的製剤との併用もされる

ヤヌスキナーゼ(JAK)阻害剤5)6)7)8)

潰瘍性大腸炎は、何らかの免疫異常により体内で過剰に作られた炎症性サイトカイン(炎症を引き起こす物質)が、細胞内に信号を送ることで炎症を引き起こします。ヤヌスキナーゼ(JAK)阻害剤は、信号が送られる過程で重要な役割を果たしているJAKに結合することでその働きを阻害し、炎症を抑える薬です。
JAK阻害剤は、ステロイドや生物学的製剤など他の治療で十分な効果が得られない場合に経口で投与します。

ヤヌスキナーゼ(JAK)阻害剤
ヤヌスキナーゼ(JAK)阻害剤・JAKの働きを邪魔して、炎症を引き起こす信号が送られるのを防げる・ステロイドなどで効果が得られない場合に使用・寛解導入療法、寛解維持療法で使用

抗TNF-α抗体製剤《生物学的製剤》1)9)10)

抗TNF-α抗体製剤は生物学的製剤(生物が作る抗体などのタンパク質を利用して作られた薬)の一つで、炎症の原因となるTNF-αやTNF-αを作る細胞に結合することで、その働きを抑制します。
TNF-α抗体製剤は、炎症の程度が強く、ステロイドなど従来の治療を行っても効果が十分に得られない場合に使用されます。

抗TNF-α抗体製剤・炎症を引き起こす物質TNF-αの働きを抑える・炎症の程度が強く、ステロイドなどで効果が得られない場合に使用・寛解導入療法、寛解維持療法で使用

抗α4β7インテグリン抗体製剤《生物学的製剤》5)6)11)

腸の病変部位は、何らかの免疫異常により大腸粘膜を異物とみなした白血球が集積・浸潤することで炎症が引き起こされています。白血球のうち、リンパ球が腸に移動する際に必要となる分子がα4β7インテグリンです。抗α4β7インテグリン抗体は、α4β7インテグリンに結合することでリンパ球が腸に移動するのを防ぎ、炎症を抑えます。
抗α4β7インテグリン抗体製剤は、ステロイドなどの治療を行っても効果が十分得られない場合に点滴で投与されます。

抗α4β7インテグリン抗体製剤・抗α4β7インテグリンの働きを邪魔してリンパ球が腸に移動してくるのを防ぎ、炎症を抑える・ステロイドなどで効果が得られない場合に使用

免疫抑制剤1)4)

免疫抑制剤は重症の潰瘍性大腸炎で使用されます。即効性があるため、ステロイドによる治療を行っても十分に改善しない患者さんの寛解導入療法で使用されます。 

免疫抑制剤・重症の潰瘍性大腸炎で使用・即効性・ステロイドで改善しない患者さんの寛解導入療法で使用

薬の副作用かなと思ったときは?

― がまんせずに主治医に相談することが大切

薬による治療を受けているときには、副作用が現れることがあります。副作用は薬によって異なりますが、気になる症状が現れたときは、がまんしたり、自身の判断で薬をやめたりせず、必ず主治医に伝えるようにしましょう。

主治医に相談

他の薬やサプリメントも飲んでいるのだけど大丈夫?

― 主治医に必ず相談

薬は、特定の薬と一緒に使った場合に、本来の効果を発揮できなくなったり、効果が強くなりすぎて副作用が現れたりすることがあります。他に使っている薬がある場合には、そのことを必ず主治医と薬剤師に伝え、潰瘍性大腸炎の治療に使う薬と一緒に使っても問題がないか確認してもらいましょう。サプリメントについても同様です。また、食品の一部にも特定の薬の作用に影響を及ぼすものがありますので、処方された潰瘍性大腸炎の薬に、そのような注意すべき食品がないか、主治医や薬剤師に確認しておきましょう。

主治医に必ず相談
患者さんと医師が対話しているイメージ
医師への相談シート

気になる症状がある場合はたとえ症状が一時的に治まっていても、主治医に伝えることが重要です。「いつもの症状」や「いつもはすぐによくなる症状」であっても、医師が粘膜治癒に至っていないサイン、または再燃の徴候と捉えることがありますので、医師が適切な対応をとれるように、遠慮せず伝えるようにしましょう。また、治療や日常生活に関しても相談したいことがございましたら、主治医の先生にお聞きください。

よくあるご質問
[参考資料]
  1. 1)難治性炎症性腸管障害に関する調査研究班(鈴木班):潰瘍性大腸炎の皆さんへ 知っておきたい治療に必要な基礎知識 第3版「平成29年度において、厚生労働科学研究費補助(難治性疾患等政策研究事業(難治性疾患政策研究事業))を受け、実施した研究の成果」:4, 2018
  2. 2)齊藤 詠子:“第4章 IBDの内科治療 1)班会議治療指針、ガイドライン” チーム医療につなげる!IBD診療ビジュアルテキスト 横山 薫ほか編 1 羊土社:103, 2016
  3. 3)八木澤 啓司ほか:“第4章 IBDの内科治療 1)5-ASA製剤” チーム医療につなげる!IBD診療ビジュアルテキスト 横山 薫ほか編 1 羊土社:128, 2016
  4. 4)仲瀬 裕志:医学のあゆみ 256(10):1055, 2016
  5. 5)藤谷 幹浩:日本病院薬剤師会雑誌 54(10):1217, 2018
  6. 6)鈴木 康夫:東邦医会誌 65(1):9, 2018
  7. 7)松岡 克善:IBD Research 12(3):170, 2018
  8. 8)トファシチニブクエン酸塩錠 添付文書[2019年4月改訂(第1版)]
  9. 9)横山 薫編:チーム医療につなげる!IBD診療ビジュアルテキスト 1 羊土社:159, 2016
  10. 10)福田 知広ほか:日本消化器病学会雑誌 115(3):272, 2018
  11. 11)ベドリズマブ(遺伝子組換え)点滴静注用 添付文書[2018年11月改訂(第2版)]