World IBD Dayのご紹介


            World IBD Dayバナー:
            World IBD Day Break the silence!

World IBD Day(世界IBDの日)は世界50ヵ国以上の患者団体が主導し、IBDについて社会的な理解を深めるため、から毎年に行われている世界的なキャンペーンです。
このWorld IBD Dayのキャンペーンでは、 IBD患者さんの日々の闘いを多くの方に知っていただくため、世界中の有名なランドマークが紫色にライトアップされます。
日本では、熊本や、姫路城でライトアップが予定されています。

このほか、IBDに関する情報提供を目的とした講演会やさまざまなイベントが企画、予定されています。


                World IBD Dayバナー:
                19 MAY
                IBD and Well-being
                ハッシュタグ:#worldibdday2021 #breakthesilence

医師への相談シート

気になる症状がある場合はたとえ症状が一時的に治まっていても、主治医に伝えることが重要です。「いつもの症状」や「いつもはすぐによくなる症状」であっても、医師が粘膜治癒に至っていないサイン、または再燃の徴候と捉えることがありますので、医師が適切な対応をとれるように、遠慮せず伝えるようにしましょう。また、治療や日常生活に関しても相談したいことがございましたら、主治医の先生にお聞きください。