ドキュメンタリー動画「自分の言葉で綴る 〜潰瘍性大腸炎と生きる〜」

日本人男性の場合

潰瘍性大腸炎患者である日本人男性が、これまで生きてきた中で経験した様々な事柄や最も身近に見ていた母親からのコメントを、それぞれの言葉で語っていただきます。

ダイジェスト版

中等症から重症の潰瘍性大腸炎(UC)を現在または過去より患っている各国の患者さんから様々な体験談を語っていただきました。

医師への相談シート

気になる症状がある場合はたとえ症状が一時的に治まっていても、主治医に伝えることが重要です。「いつもの症状」や「いつもはすぐによくなる症状」であっても、医師が粘膜治癒に至っていないサイン、または再燃の徴候と捉えることがありますので、医師が適切な対応をとれるように、遠慮せず伝えるようにしましょう。また、治療や日常生活に関しても相談したいことがございましたら、主治医の先生にお聞きください。